革や金具を使って雑貨を手作りする★クルの工房★

革や金具を使った雑貨を作ったり、作り方を紹介したり、雑貨に関する様々なことを書き綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マグホックの取り付け方

2009.09.23 (Wed)

マグホックには取り付け方に何種類かありまして、よく使われているものは

・カシメ式
・足折り式
・縫い付け式(隠しマグ)

の三種類ではないでしょうか。

クルは『カシメ式』と『足折り式』を使用したことがあります。

カシメ式』は裏側が綺麗に仕上がります。
取り付けた裏側はカシメの頭がポツンと見えるだけなので、
裏地を使用しない時や、裏地ごとマグホックを取り付ける場合などに適していると思います。
ただ、しっかり打ち込もうとして中の磁石を割ってしまったり・・・(クルが馬鹿力?)
オス側がグラグラしていて打ち難かったり・・・(クルが不器用?)
失敗しても打ち直し出来ないし・・・(一度外したらもう使えない!)
慣れないとちょっと難しいかも・・・
(あくまでもクルの主観ですが)あまり好きになれず、ほとんど使用していません。

足折り式』は取り付け方が簡単で、付け直しも出来ないことはないし・・・
初心者やうっかりさんにはお勧めです♪
使用感も安定感も優れていますよ。

そこで、『足折り式』の取り付け方について語らせて頂こうと思います。

金具屋さんでは足を外側に折ることを勧めています。
画像 009


しかし!
しかしですね!
クルは特別な場合を除いて足を内側に折ります。
画像 010


理由はきちんとあります。

確かに足を外側に居った方がマグホックと素材の接地面積が増えて安定しますし
取り付け時の段差も(僅かですが)少なくてすみます。

ところが、薄手の革や芯材や生地にマグホックを取り付ける場合
外側に足を折ると、座金からはみ出した足で生地を傷めてしまって
使用するうちに穴が開いたり、破れたりしてしまうのです。

クルも会社で数え切れないほど鞄の修理を依頼されてきましたが
マグホックの横が足による磨耗で破れている鞄の多いことに心を痛めました。

つまり、マグホックを取り付ける素材がめちゃくちゃ厚くて丈夫な革や芯材なら、
足を外側に折って取り付けても問題ないのです。


どうしてもマグホックの足は外側に折りたい!という方は
上記の理由を踏まえて、マグホックの裏側を強固な芯材で補強したり、
マグホックの足をテーピングで保護したり、工夫してみるのも良いと思います。

長くなりましたが、マグホックを取り付ける際の参考にして頂けると嬉しいです。

長くなったついでに、マグホックを取り付ける工程を簡単に図解します。
①マグホックを取り付ける位置を決めます。
画像 003マグホックの大きさも考慮して決めて下さいね。


②足の巾と太さに合わせて切れ込みを入れます。
画像 005
クルはマイナスドライバーの先を砥石で削ったり砥いだりして、
マグホック切れ込み専用の道具を作っていました。

③マグホックの足を差し込んで座金を通し、足を金づちで丁寧に一本ずつ折る。
画像 006

④出来上がり。座金の上からガムテープを貼っておくと、金具にあたって裏地が傷むのを防げます。
画像 010  画像 011


 
スポンサーサイト

コメント

職人だなあ!

はじめまして。
偶然、初めて、訪問しました。
が、真剣に読んでしまいました(^^)。

足を内側に折る理由のところに超共感しました!
そういう考え方や気遣いができるところが、「職人」だなあ!

私は、革の加工は未経験ですが、いろいろ手作りしていると、
似たような工夫やこだわりが生まれてきます。
私の場合素人ですから、勘違いのこだわりもありますけど。

今は時間がないので、この記事しか読んでいませんが、
あとでゆっくり拝見しにきまーす!

また来ました

他の記事も読みたくって、また来ました(^^)。
「あとりえちはこ」に来て下さったんですね。
コメントまで残していただき、
まことにありがとうございます。m(__)m

クルさんの作品、カッコイイです!
こんなのが作れるなんて、羨ましいです!
ウォレットケース、あまりにお安いのでびっくりです!
革の似合う女になって、いつかお買いものしたいです!
金属バットに爆笑です!

「革で作る」って、憧れますね。
また来ま~す。

ちはこさん♪

ご訪問有難うございます。
カッコイイなんて言って頂いて恐縮です^^;
ものを作る人間って、つい引き篭もってしまいがちなのですが
作った雑貨をご購入頂いたり、こうしてコメントを頂いたり・・・
ブログを作ってよかったなぁ・・・と心から幸せをかみ締めています。

ちはこさんは手先が器用で繊細な作業が出来る人なので
革を扱っても、きっと素敵な作品に仕上がると思いますよ~
是非、挑戦してみて下さいね♪

こんにちは

遊びに来てくれてありがとうございます♪
クルさんだと知らずにコメントのお返事書いてから飛んできたら、あらまあ~♪クルさんではありませんか!!

品物到着するの楽しみにしてます♪
ホントにお安いのでうれしさ反面、良かったのかしら?っと。

これを機会に仲良くしてもらえたらって思います。

革・・・
とーーーっても興味あるんですが、
なかなか資金が無くって(TдT)
布と違って割高ですからね~
でも、いつかチャレンジしたいと思っているんです!
まずはワンポイントにタグとか作りたいな♪

追記

そうそう、スタンプですが、ステイズオンという商品は革にも捺せちゃうんですよ♪
ぜひ検索してみてください♪

はじめまして^^
革作品も素敵でうらやましいです♪

マグネットのつけ方勉強になりましたw
カバンつくりたいのでばた勉強によりますね^^

革は難しいので無理ですが^^;

riemanさん♪

コメント有難うございます♪
riemanさんは私の訪問よりも前にご購入して下さっていたんですね!
有難うございます。
そんな事とは露知らず、足跡を辿ってriemanさんのブログを拝見しに行ったんですよ^^
あまりに素敵な作品を沢山作られていたので感激してコメントさせて頂いちゃいました♪
こちらこそ、仲良くして下さると嬉しいです。
いろいろ教えて下さいね^^

『ステイズオン』検索してみました!
革にも押せるなんて凄いですね~
革には『箔押し』『素押し』『焼印』くらいしか模様付けする手立てが無いのかなと
思っていたので、目先が広がりました。
有難うございます。

ココナッツさん♪

訪問&コメント有難うございます♪

皆さんの鞄つくりの勉強になる記事なんて、なかなか書けないですが
クルの知っていることでお役に立てることがあるなら嬉しいです。

革はワンポイントでも使うと作品全体の雰囲気が変わって可愛いので、
皆さんの素敵な作品に革を使って貰えるように
革の敷居を下げることができればいいなぁと思っています。

ココナッツさんのブログを拝見しました!
めちゃくちゃ可愛くて美味しそうな作品達に胸が躍りました~♪
ココナッツさんはフエルト職人ですね♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

クル

Author:クル
ヘタレな職人モドキです。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。